0120-29-0091受付時間8:00〜18:00(日曜日除く)
PAGE TOP

NEWS新着情報

2023.12.1スタッフブログ

古い民家の解体工事の費用①【大阪の解体工事ブログ】

古い民家の解体工事の費用①【大阪の解体工事ブログ】

大阪府四条畷市こんにちは!

大阪の解体工事クリーンアイランド のブログ更新担当です!

大阪府の皆様はいかがお過ごしでしょうか?

今回は、【古い民家の解体工事の費用①】についてご紹介していきたいと思います。

 

contents【目次】

  • 【大阪 解体工事】古い民家の解体工事
  • 【大阪 解体工事】解体工事に必要な費用
  • 【大阪 解体工事】1⃣建物の解体工事に必要となる費用
  • 【大阪 解体工事】2⃣廃棄物の処理の費用
  • 【大阪 解体工事】3⃣付帯工事の費用
  • 【大阪 解体工事】4⃣その他諸費用
  • 【大阪 解体工事】まとめ

 

古い民家の解体工事

古民家の解体工事の費用としては30坪くらいの家の場合では、おおよそ100万円程だと言われています。
解体工事の費用は家屋の構造等によって違いますが、鉄骨造(S造)や鉄筋コンクリート造(RC造)などの頑丈で耐久性がある建物であるほど解体工事の費用は高額になります。

多くの古い民家の場合はだいたいは木造のことが多いために、鉄骨造や鉄筋コンクリート造と比べると解体工事の費用は安い傾向にあるでしょう。
しかし、実際は解体工事の何にどれくらいの費用が必要になるのかが予想するのが困難なために、不安を感じる方も多いのではないでしょうか。

ここでは解体工事の費用の内訳について紹介をしていきます。

解体工事に必要な費用

ここからは解体工事に必要になる費用を項目ごとに分けて見ていきましょう。
解体工事を行なう際に必要となる費用は基本的には4つにわけることができます。

見積もりの内容をしっかり理解するためにも、解体工事の費用の内訳を知っておくことをおすすめいたします。

1⃣建物の解体工事に必要となる費用

解体工事に必要となる費用の大きな部分をしめるのが、建物の解体工事に必要な費用です。

この費用の中には解体工事の行う際の人件費や、解体工事の現場へ重機の手配をするのに必要な費用なども含まれます。
例えば、狭小敷地などでの解体工事の場合で重機が入るスペースがない等の場合、解体工事の作業はすべて手作業となってしまいます。
そのために、このような場合では解体工事の費用も高くなってしまいます。

2⃣廃棄物の処理の費用

解体工事を行なった際には廃棄物が発生するので、廃棄物の処理をするための費用も必要となります。
木材や鉄などの廃材を、分別して廃棄物処理の施設まで運搬して処理をします。

この廃棄物の量が多ければ多いほど費用も高くなってしまいます。分別をする作業の手間もコストに繋がります。

3⃣付帯工事の費用

建物の解体工事とは別に、解体工事や撤去の作業、残置物の処分、足場の設置や防音シートの設置等に必要な費用のことを付帯工事費用といいます。
解体工事の際の付帯工事の対象となるものとしてはブロック塀や庭木や庭石などでしょう。

解体工事に必要になる足場設置や養生シート設置、仮設トイレなどもこの費用の中に含まれます。

4⃣その他諸費用

解体工事をおこなうための各種手続きの費用や近隣への挨拶の際に必要になる費用などがここに含まれます。

まとめ

今回は、【古い民家の解体工事の費用①】についてをご説明いたしました。

  • Facebook
  • Twitter
  • Line